あなたにとって住みやすい住宅を

戸建てやマンション購入を購入する際、チェックしておきたいポイントは新築か中古かでしょう。

少し前までは新築にこだわる人も多く、マイホームを買うなら新築という考えが普通でした。
しかし、今では新築と中古、とんとんぐらいになっています。

新着物件特集を見ても、新築ばかりではないはずです。
そういう広告に載るという事は中古の需要もそれなりにある、ということになります。
大抵の物件は新築の方が価格は高いです。
しかし、それはその物件の価値でしかなく、実際に住む人にとってそれほどの価値があるのかどうかは分かりません。
こういう住宅関係は、人によってその価値が大きく変わってくるという点です。

どんな事よりも、まずそこが住みやすい場所なのかどうかだと思います。

設備だけで言えば新築が上回ります。
しかし、設備が最新のモノであったとしても安心ではありますが、住みやすいとは別の意味になるかと思います。

そういう面を考え、中古を購入してリフォームやリノベーションなどを考える人が増えています。
掛かる費用はその規模にもよりますが、新築よりも比較的安く済みます。
ただ、大規模な施工になると新築を購入した方が安く済む場合もありますので考えてみて下さい。
また計画してしていたリフォーム、リノベーションが法律上できない、という場合もあります。
だったら最初から建設可能な土地で新築で建てた方が実現はできます。

このように、はっきり言ってどちらが得かは分かりません。

重要なのはその人が考える理想的な住宅とは何なのか、です。
どんな土地で、どんな家を建てたいのか、新築中古で迷っていたらまずはそこから考え直してみて下さい。
また色々な人に相談してみると良いでしょう。
きたんの無い意見が聞けて、それが参考になる事もあります。

また新築中古双方のメリットとデメリットをしっかりと把握した上で、ご自分に合った住まいを見つけましょう。
新築であれば良い、という偏った考えはもう古いです。
今はどれだけ低コストでよりよい住まいを実現できるか、という事に注目が集まっています。

マイホームを建てる上で必要なこと

茨木市のようなベッドタウンにマイホームを建てようと思ったとき、立地予算、相場、通勤時間等を総合的に考慮し、多少の妥協を踏まえた上で決めましょう。
これはもう戸建を建てる前の土地決めの段階からしなくてはならない事です。
その土地の周囲の環境、最寄り駅までの交通手段と距離、通勤通学の利便性など、見るべき点は多いです。
バスでの移動をお考えなのであれば、近くのバスの一日に何本通るのか、所要時間なども参考の基準になるかと思います。

現地を一度も見ずに決めるというまず無いと思います。
が、時間帯によっての周囲の環境などを見ておくのは欠かせません。
生活環境の変化などは重要なことです、交通量や騒音、日当たりなどがそうです。
第一印象で決めない方が良い、というのはそういう事情があるからです。
付け足すのであれば晴れた日と雨の日の両方で確認することをオススメします。
これまでは土地決めの段階で押させておきたいポイントになります。

住宅面で言うと間取り図を広げて、収納場所や各所の広さを確認しましょう。
戸建の場合は上下階の移動、階段の形にも配慮した方が良いと思います。
ずっと済むことを考えて、というのが非常に重要になるはずです。
年をとっても苦労せずに登れるような仕様にしておくと良いでしょう。いちいちリフォームするのもコストが掛かります。
また隣家と窓の位置をずらす、という設計も必要になってきます。人通りの多い道路に隣接するのであれば室内が丸見えならないかのチェックなども。
おしゃれなデザインも重要ではありますが、生活面を考えるとどうしても妥協しなくてはならない点が出てくるかと思います。

このようにマイホームを建てるというだけでもチェックしなければならない事がたくさんあります。
新築はすべて自分で決めないとならないのでその苦労もそれぞれ違ってきます。
一生に一度の大きな買い物になるかと思います。迷って悩んで、最高のマイホームを築いてください。

狙うなら9月から11月

茨木市にようなベットタウンだと入居者の入れ替わりも激しいかと思います。
それには様々な事情があるかと、たとえば転勤であったりとかです。
その空いた物件や、これから新しく建つであろう集合住宅やマンションなどの良物件はなるべく早く見つけたい、そう思う人も多いはずです。

では、物件を探して実際に行動に移すのはいつの時期が良いのでしょうか。
オススメは11月です。
どうして11月かといいますと、簡単に言ってしまえばそれぞれの事情で一番都合の良い時期が11月になるという事です。
部屋の探す上で最も多いのは新年度前の2月や3月が物件探しのピークだと言います。
なので必然的に相場が上がります。
が、その時期を超えてしまうと落ち着き、また回って9月あたりから11月あたりが引越しする件数が極端に減ります。
引越する方が少ない時期ほど相場が下がるのは当然ですよね。
また引越しする際の費用も時期を外せば若干抑える事ができたりします。

茨木市など近くで賃貸物件をお探しの方はなるべくその時期に合わせてお部屋探しをした方が良いでしょう。

不動産屋によれば9月下旬から相場が下がり始め、11月下旬から3月にかけて上がり始めると言います。
翌年になってしまいますと物件などを探す人達が一斉に始めるため、出遅れてその時期から物件を探す方は高い契約をする事になるかと思います。
人気のある土地ではそれよりも早く行動を起こした方が良いでしょう。
皆さん考える事は同じだとお考え下さい。

時期を選べない状況の人もいるかと思います。
それはもう仕方の無いことです。ですが、あらかじめ場所などを決めておけば後で非常に負担が無くて助かります。
費用を抑える事ができないのであれば、少しでも手間を省くような引越しができたら良いと思います。
より良いお部屋探しをしてください。

不動産の広告でよく見かけるけど

よく不動産の広告にはファミリー、シングル向け、夫婦向けと言って区分している事があります。
が、そこには明確な定義があるわけではなく、間取りの構成で使い分けられています。
一般的にシングル向けと言われているのはワンルームや1K、1DK、1LDKなどの間取りのことを言い、2DKや2LDKが夫婦向け、それ以上の広さがある部屋をファミリー向けと言います。
基本的にはお父さん、お母さん、そして子供が2人の世帯が想定されています。

今は70平方メートルぐらいで間取りが3LDKがファミリー向け住宅の主流になっています。
これは供給された年代によって違い、マンションの供給が始まった昭和30年代、40平方メートルから60平方メートルぐらいの3DKタイプの部屋がファミリー向けでした。
そのため室内は非常に狭いもので、居室が小さいだけでなく、浴室やトイレ、洗面所などが極端に狭く、廊下のスペースがなかったりというのが以前のファミリー向け。
そして時代が進むとともに60平方メートルや70平方メートルの広さのものが主になり、今では100平方の広さを持った4LDKの間取りや、LDKが昔と比べてずいぶんと広くなった物件が多くなっています。
しかし、購入者が求める相場価格というのは変わらないため、どうしても価格を上げる事ができないというのが現状です。
なので地価の上昇期には販売価格を出来るだけ抑えるため、専有面積を狭くする傾向や、立地の郊外化がされるようになりました。
郊外に家を建ているのは土地の確保のほかに価格的な問題もあったのです。
また少子化問題や核家族化が進み、広い物件である必要が、またその需要が減ってきています。

という事なので時代と共にファミリー向けは変わって行ってしまうので、定義付けができないのです。

家は欲しいけどそれほど広いのは持て余す、と考える人もおり、無駄に広くて高いのであれば少しでも安いちょうど良いところに住みたいというコスト面の問題もあります。
なのでファミリー向けの住宅は今大きな変換期を迎えています。
従来のままではコストだけがかさみ、売れなくなって来ているのです。

郊外のような場所の方が住みやすいかと思います。
市街地に住むのは交通には便利ですが、同じ広さであれば郊外の方が比較的安く手に入ります。

瑕疵物件とは

売却物件の中には問題のあるものも確かに存在します。
そして、そのように問題のある物件を”瑕疵物件(かしぶっけん)”と言います。

瑕疵とは、傷や欠点のある、本来あるべきモノが欠けている場合の事を言います。
また当事者の予想していない物理的、法律的な欠陥のある物件のことを言ったりします。
分かりやすく言えば何か不慮の事故でキッチンだけが吹っ飛んで無い、というのを瑕疵物件ではありますが、本来はそんな分かりやすい部分ではなく、見えないところ、または分かりにくいところにあった欠陥です。
不動産売買取引では売買契約締結時に、定められた期間内にそのような瑕疵が発見された場合、購入した側は契約解除、又は損害賠償の請求が可能、とされています。

もっともポピュラーな瑕疵物件が、その室内や敷地内で自殺、他殺、事故死、発見が遅れた病死などで人が亡くなっている物件、水没、雨漏りの災害、白アリなどでしょう。
前者は心理的瑕疵物件と言い、後者は物理的瑕疵物件と言います。
またこのような物件があった場合、不動産は住もうとしている人に対して告知しなければなりません。
告知義務です。これら瑕疵を知りながら売主が隠蔽し不動産へ売った場合、その物件を購入した人にバレれば、購入した人は売った人へ損害賠償請求する事が可能です。

家賃が安いから分かるだろう、では無く、伝えること教える事が重要です。

またこういう瑕疵物件は最初に入居した人にしか説明する義務が無く、不動産屋などはその説明義務を無くすためにアルバイトを雇い、そこへ一ヶ月位住まわせるという事をしている可能性もあります。
最初に住んだのはそのアルバイトなので、次に住む人には説明する義務が無くなってしまうのです。
今は法律上で、実際どういう事情になっているのかは分かりませんが、ほんの数年前まではこういう事が実際に行われていました。
これから住もうと考えている方にとっては困ったものです。
なので、相場よりも非常に安いものを見かけたら尋ねてみてください。
こちらから尋ねない限り、不動産側から話すつもりはないと思います。言えば、買い手がいなくなってしまいますから。

遠方で住まいをお探しのときは

上京や転勤などで遠方の地に住まいを見つけなければならない状況になる事もあると思います。
ですが、これから住むであろう場所の土地も道も何もまったく分からない上にどんな地域が良いかさえ分からない状態です。
そこで便利なのがインターネットです。
事前にネットでオススメ物件特集や地図などを見て、地域情報などを分析しながら物件に目星をつけておけば手間が何十にも省けます。
備えあれば憂いなし、とはこの事を言います。

とりあえず、オススメ物件特集などから候補をいくつか見つけておきましょう。
希望条件に合った物件です。一箇所に絞ってしまうと無かった、またはもうすでに埋まっていたりしたら残念な思いをします。
ネットでは空き家になっていたはずなのに、現地で尋ねてみたら埋まっていた、という事もあります。
物件は2から3件ほど候補を持っていた方が良いでしょう。多いことに越したことはありませんが、あまりに多いとかなり時間が掛かります。
絶対に見ておきたい物件を2件、見ておいた方がよい物件を2件、時間があれば見たい物件1件ぐらいが理想的だと思います。

それら候補をオススメ物件特集から探しておきましょう。
あとは現地での回り方です。訪問できる不動産会社、物件を見学できる時間は限られています。
どう回っていけば効率的に見て回れるのか、あらかじめ計画を練っておくと便利です。

行き当たりばったりでもかまいませんが、それは時間があれば、の時です。
時間の余裕があれば散歩がてらに周辺を見て歩き回ってみるのも良いと思います。
不動産やネットにな無かった有力な情報が手に入るかもしれません。

また不動産会社の場所から物件が離れていると時間的に何軒も見てまわるのは厳しいです。
できれば物件を発信しているオススメ物件情報は同じ不動産の中から見繕っておいた方が便利と言えば便利だと思います。
選べる範囲が狭まってしまいますけど。そこは各々のご都合とご相談して頂ければと思います。
良い物件を見つけてください。

あるわけない好条件を探す

オススメ物件特集というぐらいですから、それぞれ探す側の希望に適った形で物件を紹介しているところも多いです。
家賃いくら以下の物件、敷金礼金0の物件、ペットを飼う事のできる物件など、ある程度条件を絞って探すことができて便利だと思います。
また新築、中古などの条件で探せば色々と見つかるはずです。

十分な検討をしたいのであればひとつのオススメ物件特集だけでなく、他色々と調べてみると良いと思います。
インターネットでは短時間でそれができるから便利です。
その物件の詳細は直接不動産へ出向いた方がちゃんとした情報を得る事ができますが、ざっくりと探したい時は活用してみて下さい。

検索すれば見つかる、というのはネットの強みです。
ただ、希望通りの物件が見つかるかどうかは別問題になります。

私が部屋を探すためインターネットで探そうとすると、決まって一発では出てきません。
条件がわがままなのでしょう。なかなか出てこず、結局はかなり妥協した形で部屋を探す事になります。

譲れない部分と譲れる部分の整理がしっかりとできていない証拠でもあると思います。
しかし、最初から妥協したお部屋探しをしていたのでは見つかりません。
なのでダメ元でという形でそうしている部分は確かにあります。

これからお部屋を探す人は譲れない部分と譲れる部分というのははっきりさせておいた方が良いですよ。
これは新築でも中古でも同じ事が言えるはずです。
最初は自分の理想の条件で探すのも手間は掛かりますがやっておいて損はありません。
無ければそこから妥協していけば良いだけ。それで見つかれば万々歳です。

なかなか理想通りの物件というのは見つからないと思います。
もちろん、それは探す人側の条件に寄りますが。
こんな好条件あるわけない、と初めに切ってしまうのは非常に勿体ありません。
まずは試しにやってみる、というのもなかなか悪くは無い方法かと。

その後のどれだけ妥協できるのか、という方が重要だというだけのことです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ