建売住宅のメリット

建売住宅を購入するというのは、一戸建てを入手する方法の中で最も手間の掛からない方法です。

定義としては土地と建物をセットで販売されるもの、という事になります。
分譲住宅と似たようなものです。
広い土地に似たような形をした住宅が並んで建っている景色を見たことがありませんか?
あれです。
あの住宅は購入者が決まる前に設計され、建築が始まります。
そうなると完成を待つ、というよりも建築される様子を見ながら買うかどうかを決める、という事になります。

注文住宅と違うのは購入者の意向が一切入らないことです。
多くのニーズを取り入れているため不便も無く”無難な住宅”という感じなるかと思います。
最近では購入者の意向を取り入れるところも増えてきたみたいですが、注文住宅ほどのふり幅は無いとお考えください。

建売住宅のメリットは、建設費が安いことです。
この安さは手抜き工事や欠陥住宅という意味では決してなく、コスト削減が出来ているからです。
1軒作るよりも10軒まとめて建設した方が1軒あたりの建設コストが安くなるのです。
設備や建具をまとめて注文できるため、コスト削減が可能になります。
土地も似たようなものなので、自分で土地を探して注文住宅を建てるよりも安くマイホームを手に入れることができます。

建て売りの場合、建築条件付き土地というものがあります。
これは一定期間内に指定した建設業者で家を建ててください、という条件が付いた土地です。
土地を買えば、その購入者の自由になりますが、この条件があると建設できる家の制限されているという事になります。

売り手は「当社で家を造ることを前提に」土地を売ります、って事です。

これらはマイホームを手に入れる数ある手段のうちの1つです。

考えるべきことは、自分達にとってどういう家が必要なのか、という部分になるかと思います。
自由に建てたいのであれば注文住宅、気に入った土地に家が建つというのであれば……、という具合です。
優先順位は人それぞれ違うので、どう言ったものが正しいのかというのははっきり言えません。

住むのに必要な条件

マイホームを購入しようとしたとき、新築か中古かと悩む人もいると思います。
マイホームだから新築の注文住宅で、というのはもう古い考えなのかもしれません。

価格の面だけで見れば中古の方が断然有利です。
ですが、その建物の質を考えると新築の方が良いのは一目瞭然でしょう。
どちらにしても何を持ってどちらにしたいのか、という事だと思います。

たとえば、住みたい地域には家を建てられるような土地は無いが中古物件が多い、という地域だったらどうしますか。
ここで選べる選択肢がいくつか出てきます。
中古物件を買いそこに新しい住宅を建てる方法、それとリフォームという手段です。
住宅は築年数が経てばそれだけ安くなって行きます。築年数が20年も過ぎれば建物自体の価値はほとんどありません。
中古物件が安いのはそのせいです。
新築を考えていたが中古にすれば、その浮いた資金で色々な方法が生まれます。

土地がないから新築を諦める、というのも一つの判断です。
ですが、新築同等のマイホームが建てられる方法はいくらでも出てきます。

構造上の事、品質や設備の事を考えれば新築の方が良いのは当たり前です。
しかし、通勤や子供の通学に大変なところに新築を立てても不便になるだけです。
またその時期だけでなく、数年後、数十年後の事を考えて、土地を決めると良いと思います。

もし、住みたい地域に土地と中古物件があったらどうするのか。
それはもうお好きにして下さい。
条件が揃っているのであれば、あとは新築か中古か選べる贅沢な選択です。
あとは価格の問題でしょう。どれだけの予算で、どのくらいの規模の土地と住宅が欲しいのか。

どんな場所にどういう家を建てたいのか、そこをきっちりと決めておく事が大切です。
住むのに何が重要かと言いますと、新築中古というよりもどこに住むか、だと思います。
どこに住むかは、その人それぞれの事情がありますし何がベストの選択か、というのはその人が決めることです。

売りに出された理由を知ろう

中古物件を購入する場合、もっとも重要なのはその売りに出した理由です。
どうして前に住んでいた人はこの物件を売りに出したのか、その部分を知る事が賢明だと思います。

売りに出す理由はいくらでもあります。
真っ当な理由もありますが、本当の理由を隠すために前向きな理由が用意されている可能性も否定できません。
「狭いから」「遠いから」などと売却があったとしてもそれが本当かどうかは分かりません。
そういう理由で売りに出されていたとしても、本当は隣近所がやかましかったから、という事もあります。

他の物件と相場を比較して、相場よりも安い価格で売りに出されていたら注意しましょう。
また長く買い手がつかない物件は、手を出さない方が良いかもしれません。
いくら掘り出しものと言っても、その物件に過去に何があったのかを知る事は大切です。

たとえば、過去にその家で殺人事件が起こった、とか……。
あまり気持ちの良いものではありませんよね。
でも、それは黙っておけば気づかれないことです。家のどこを調べてもそんな過去は分かりませんし。
異様に安い物件があった場合は何をおいてもその安い理由を尋ねましょう。
嘘を言うか、話をはぐらかすか、不動産屋との心理戦が始まります。
納得できなければしつこく問い詰める事をオススメします。

買った後で気づいても遅いです。

中には引っ越して足入れの際、新しい入居者に悟られないようにガスや水道などを使わせないように歓迎するところもあるようです。
案の定キッチンはポンコツ、トイレやお風呂は壊れる一歩手前だったとか……。
中古であったとしても、そういうのは事前に教えておくべき点だと思います。
が、不動産屋もそう言えば買い手が離れてしまう、と考えているのでしょう。
どうせならはっきりと本当のことを言って貰った方が買い手にとってありがたい事もありますよね。

また瑕疵保険なども確認しておきましょう。
良い買い物ができるかどうかは買い手側の事前の準備が物を言います。

住みやすさを求めるか否か

住宅購入時の注意点について、たとえばこれから立てる住居の階数を決めるとき、2階建てか3階建てにするか、という事になったとします。
地域によっては2階建てまでしか建築できないという条例があったりします。
周囲の環境のせいもありますし、他に色々と事情があってその地域には3階建てはできない、という場合があります。

どちらを優先したいか、になるかと思います。
この地域が良いのか、どうしても3階建てが良いのか。
そこはご家族で相談して下さい。

ただ、3階建ての場合、今は良いかもしれませんが生涯住むとなると年齢的に上には行けない可能性が出てきます。
年配となった時、階段の上下は非常に足腰に負担が掛かります。
住宅の広があれば3階は必要無い場合も出てくるかと思いますが、そこはもう土地との相談になってしまいます。
広さをとって郊外に建てるか、どうしても3階立てにしたいか、です。
あとは周囲の環境次第になるかと思います。

ただ3階建てに憧れている、というだけの理由でしたら考え直した方が良いとは思います。
確かに見た目は非常に立派です。
が、狭い3階建てよりも、広い2階建ての方が住みやすいように感じます。

見た目と住みやすさの共存というのはできそうでできないのが住宅です。
全体がガラス張りですごく綺麗な内観も、夏や冬がキツいものがあると思います。
夏は直射日光を浴びてクソ暑くて、冬はストーブを使っても寒い、なんて事もあります。
中からの景観は綺麗だとは思いますが、四季がはっきりしている日本では厳しいでしょう。

これはもう建ててからでは遅いので、建てる前に何を優先すべきかをはっきりとさせておきましょう。
我慢すれば大丈夫、それをこれからずっと我慢しなくてはならなくなります。
慣れと言っても限界があるかと思います。

何が言いたいのかと言いますと、生活のしやすさと見た目の美しさをどう分配するかです。
家を建てる前にそこははっきりとさせておいた方が良いでしょう。
工務店や不動産屋はそこまで突っ込んで言ってきませんので、提案するのは依頼する側になります。

住宅購入における交渉術

住宅購入において値引き、と考える人はそう多くないかと思います。
ですが、高額な住宅だからこそ、「まけて!」という一言が後に大きな利益を作ります。

住宅購入という特別なイベントで値引き交渉をするのを躊躇する人も少なくは無いです。
でも、よく考えてみてください。
例えば3000万円の物件が1%安くなるだけで30万円、1割引きであれば300万円安くなる計算になります。
かなり大きい金額だと思いませんか?

新築物件でも、中古物件でも「まけて」というわずかな交渉で、その後の住宅ローンの返済額や生活スタイルが変わります。
また中古物件の場合、価格をまけて貰ったからと言って、その住宅の質が悪くなるものでもありません。

しかし、不動産へ行きいきなり「安くして!」と言って快く値引きしてくれるところはまず無いでしょう。
不動産の担当者も売主側なので、それなりの駆け引きが必要になります。
値引きなどの交渉が苦手、という人は欲しいけど買えない、という事をアピールすれば良いと思います。
要は、相手にこの人には値引きしても良い、と思わせる事が鍵です。

値引きしても良いという流れに持ち込むに十分な理由が必要になってきます。

売主などの不動産側は、より早く売却したいと考えています。
どんな事情であれ、長く残っている物件は価格を下げざるを得ない状況になってしまうので、できるだけ早く売りたいというのが普通の不動産会社です。
そんな会社の前に、その物件が欲しいと名乗り出てきたお客がいたらどうでしょうか。
売るには絶好の相手です。
しかし、そのお客は決断を出せないでいる。その決め兼ねている部分はどこなのか。
そこはお客側が「欲しいんだけどこういう事情がある」という事を説明すれば、相手はきっと汲み取ってくれます。

ここで必要なのは「非常に気に入った。ぜひ欲しい」という熱意です。
買う気満々の姿勢がお客側にあれば、せっかくのチャンスを逃さないために多少減額してでも売ってくれるでしょう。
そこで何割引、何%引きとかできれば大きなプラスになります。

ただ相手に不快感を与えるような値引き交渉は逆効果になります。
高いから安くして、その価格は妥当なのか、などの交渉はマイナスです。
欲しいけれど、どうしても予算が足りない、という言い方がベスト。こちらが欲しいという姿勢がキーになります。

中古物件の探し方

中古物件の魅力は、新築物件と比べての価格の安さだと思います。
同じ地域、同じ広さ、同じ建物だったとして価格的には3割ぐらい安いというのが一般的です。
新築で建てるとなるとそうはいきません。
中古でリフォームするのと、新築物件では約100万円以上違うそうです。
もちろんそのリフォームする規模にもよりますが。

新築物件を建てたい、住みたいと思う地域に住みたい、となると相当の資金と時間が必要になります。
新築を建てようと思う人は早い人は2年前から、遅くても半年前からもう動き始めると言われています。
人気のある場所に住もうとなるとそのぐらいでないと確保できないでしょう。

ところが中古物件にもなると、住みたいと思っていた周辺地域ですんなり物件が見つかったりします。
しかも手ごろな価格で。手ごろとは言ってもその資産価値からしたら、という意味です。
物件が最も価値が高い時は、竣工時です。その時期が最も高く、経過年数と共に価値も小さくなって行きます。
分かりやすい目安が築年数です。
不動産業界では10年も経てば建物自体の資産価値はゼロになると言われます。
戸建ての場合、建物に価値がなくなってしまったとしても土地に価値が残る場合があります。
中古販売の場合、土地と建物が一緒になって売られていますので確かめてみると良いかと思います。
どちらにしても住宅は築年数を重ねただけ安くなる、という事になります。

ひとつ留意しておいて欲しいのはその中古物件が売りに出された理由です。
売却価格にもしっかりと事情が反映されている場合もありますので、気になるようでしたら尋ねてみて下さい。
その建物に不安があるのであれば避けるか、住宅診断などを依頼すると良いでしょう。

よほどその物件が気に入ったのであれば、ですが。

相場よりも安い物件には何かしらの事情があるのは覚えておいてください。
価格だけで決めてしまうと意外な落とし穴があったりします。
買ってすぐに売りに出す、はかなりの損害を被る事になるので避けたい事態です。

あなたにとって住みやすい住宅を

戸建てやマンション購入を購入する際、チェックしておきたいポイントは新築か中古かでしょう。

少し前までは新築にこだわる人も多く、マイホームを買うなら新築という考えが普通でした。
しかし、今では新築と中古、とんとんぐらいになっています。

新着物件特集を見ても、新築ばかりではないはずです。
そういう広告に載るという事は中古の需要もそれなりにある、ということになります。
大抵の物件は新築の方が価格は高いです。
しかし、それはその物件の価値でしかなく、実際に住む人にとってそれほどの価値があるのかどうかは分かりません。
こういう住宅関係は、人によってその価値が大きく変わってくるという点です。

どんな事よりも、まずそこが住みやすい場所なのかどうかだと思います。

設備だけで言えば新築が上回ります。
しかし、設備が最新のモノであったとしても安心ではありますが、住みやすいとは別の意味になるかと思います。

そういう面を考え、中古を購入してリフォームやリノベーションなどを考える人が増えています。
掛かる費用はその規模にもよりますが、新築よりも比較的安く済みます。
ただ、大規模な施工になると新築を購入した方が安く済む場合もありますので考えてみて下さい。
また計画してしていたリフォーム、リノベーションが法律上できない、という場合もあります。
だったら最初から建設可能な土地で新築で建てた方が実現はできます。

このように、はっきり言ってどちらが得かは分かりません。

重要なのはその人が考える理想的な住宅とは何なのか、です。
どんな土地で、どんな家を建てたいのか、新築中古で迷っていたらまずはそこから考え直してみて下さい。
また色々な人に相談してみると良いでしょう。
きたんの無い意見が聞けて、それが参考になる事もあります。

また新築中古双方のメリットとデメリットをしっかりと把握した上で、ご自分に合った住まいを見つけましょう。
新築であれば良い、という偏った考えはもう古いです。
今はどれだけ低コストでよりよい住まいを実現できるか、という事に注目が集まっています。

マイホームを建てる上で必要なこと

茨木市のようなベッドタウンにマイホームを建てようと思ったとき、立地予算、相場、通勤時間等を総合的に考慮し、多少の妥協を踏まえた上で決めましょう。
これはもう戸建を建てる前の土地決めの段階からしなくてはならない事です。
その土地の周囲の環境、最寄り駅までの交通手段と距離、通勤通学の利便性など、見るべき点は多いです。
バスでの移動をお考えなのであれば、近くのバスの一日に何本通るのか、所要時間なども参考の基準になるかと思います。

現地を一度も見ずに決めるというまず無いと思います。
が、時間帯によっての周囲の環境などを見ておくのは欠かせません。
生活環境の変化などは重要なことです、交通量や騒音、日当たりなどがそうです。
第一印象で決めない方が良い、というのはそういう事情があるからです。
付け足すのであれば晴れた日と雨の日の両方で確認することをオススメします。
これまでは土地決めの段階で押させておきたいポイントになります。

住宅面で言うと間取り図を広げて、収納場所や各所の広さを確認しましょう。
戸建の場合は上下階の移動、階段の形にも配慮した方が良いと思います。
ずっと済むことを考えて、というのが非常に重要になるはずです。
年をとっても苦労せずに登れるような仕様にしておくと良いでしょう。いちいちリフォームするのもコストが掛かります。
また隣家と窓の位置をずらす、という設計も必要になってきます。人通りの多い道路に隣接するのであれば室内が丸見えならないかのチェックなども。
おしゃれなデザインも重要ではありますが、生活面を考えるとどうしても妥協しなくてはならない点が出てくるかと思います。

このようにマイホームを建てるというだけでもチェックしなければならない事がたくさんあります。
新築はすべて自分で決めないとならないのでその苦労もそれぞれ違ってきます。
一生に一度の大きな買い物になるかと思います。迷って悩んで、最高のマイホームを築いてください。

狙うなら9月から11月

茨木市にようなベットタウンだと入居者の入れ替わりも激しいかと思います。
それには様々な事情があるかと、たとえば転勤であったりとかです。
その空いた物件や、これから新しく建つであろう集合住宅やマンションなどの良物件はなるべく早く見つけたい、そう思う人も多いはずです。

では、物件を探して実際に行動に移すのはいつの時期が良いのでしょうか。
オススメは11月です。
どうして11月かといいますと、簡単に言ってしまえばそれぞれの事情で一番都合の良い時期が11月になるという事です。
部屋の探す上で最も多いのは新年度前の2月や3月が物件探しのピークだと言います。
なので必然的に相場が上がります。
が、その時期を超えてしまうと落ち着き、また回って9月あたりから11月あたりが引越しする件数が極端に減ります。
引越する方が少ない時期ほど相場が下がるのは当然ですよね。
また引越しする際の費用も時期を外せば若干抑える事ができたりします。

茨木市など近くで賃貸物件をお探しの方はなるべくその時期に合わせてお部屋探しをした方が良いでしょう。

不動産屋によれば9月下旬から相場が下がり始め、11月下旬から3月にかけて上がり始めると言います。
翌年になってしまいますと物件などを探す人達が一斉に始めるため、出遅れてその時期から物件を探す方は高い契約をする事になるかと思います。
人気のある土地ではそれよりも早く行動を起こした方が良いでしょう。
皆さん考える事は同じだとお考え下さい。

時期を選べない状況の人もいるかと思います。
それはもう仕方の無いことです。ですが、あらかじめ場所などを決めておけば後で非常に負担が無くて助かります。
費用を抑える事ができないのであれば、少しでも手間を省くような引越しができたら良いと思います。
より良いお部屋探しをしてください。

不動産の広告でよく見かけるけど

よく不動産の広告にはファミリー、シングル向け、夫婦向けと言って区分している事があります。
が、そこには明確な定義があるわけではなく、間取りの構成で使い分けられています。
一般的にシングル向けと言われているのはワンルームや1K、1DK、1LDKなどの間取りのことを言い、2DKや2LDKが夫婦向け、それ以上の広さがある部屋をファミリー向けと言います。
基本的にはお父さん、お母さん、そして子供が2人の世帯が想定されています。

今は70平方メートルぐらいで間取りが3LDKがファミリー向け住宅の主流になっています。
これは供給された年代によって違い、マンションの供給が始まった昭和30年代、40平方メートルから60平方メートルぐらいの3DKタイプの部屋がファミリー向けでした。
そのため室内は非常に狭いもので、居室が小さいだけでなく、浴室やトイレ、洗面所などが極端に狭く、廊下のスペースがなかったりというのが以前のファミリー向け。
そして時代が進むとともに60平方メートルや70平方メートルの広さのものが主になり、今では100平方の広さを持った4LDKの間取りや、LDKが昔と比べてずいぶんと広くなった物件が多くなっています。
しかし、購入者が求める相場価格というのは変わらないため、どうしても価格を上げる事ができないというのが現状です。
なので地価の上昇期には販売価格を出来るだけ抑えるため、専有面積を狭くする傾向や、立地の郊外化がされるようになりました。
郊外に家を建ているのは土地の確保のほかに価格的な問題もあったのです。
また少子化問題や核家族化が進み、広い物件である必要が、またその需要が減ってきています。

という事なので時代と共にファミリー向けは変わって行ってしまうので、定義付けができないのです。

家は欲しいけどそれほど広いのは持て余す、と考える人もおり、無駄に広くて高いのであれば少しでも安いちょうど良いところに住みたいというコスト面の問題もあります。
なのでファミリー向けの住宅は今大きな変換期を迎えています。
従来のままではコストだけがかさみ、売れなくなって来ているのです。

郊外のような場所の方が住みやすいかと思います。
市街地に住むのは交通には便利ですが、同じ広さであれば郊外の方が比較的安く手に入ります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ